With
Akiyama
With Akiyama

AKIYAMAで働く先輩紹介

Interview03

営業部長
吉井 満則Mitsunori Yoshii2021年入社

約28年間培ってきたノウハウを活かす不動産のプロフェッショナル

目標は営業成績ではなく「お客様の満足」

AKIYAMAに入社してびっくりしたのが、12:00~13:00が完全にお昼休みなんですよ。オフィスの灯りが消えてしまうのですよね。夜も18:00には終業で、私からするとけっこうカルチャーショックでしたね。

いやあ、いいものですね。仕事とのメリハリというか、切り替えができて。

前職のときは、けっこういたわけです、ご飯も食べないで仕事をずっとやってる人が。残業も21:00や22:00はざらだし、休日出勤もあって。

そうなっていたのは「1件でも営業成績を上げたい」「1円でも収益を上げたい」ということが目標になってしまっていたからなのかな、と今では思います。

AKIYAMAの目標はそうではなく「お客様の満足」。お客様の満足のためにはいい仕事が必要で、いい仕事のためにはまず時間の部分がきっちりできるということが大切でしょう。これは今よりAKIYAMAが大きくなって、案件が増えていっても変わらないでしょうね。会社の方針として、土日も祝日も休む、12:00~13:00はきっかり休むということがありますから。

秋山工務店との出会いが転職・入社の背景に

前職では、戸建住宅の請負営業、戸建て用不動産の仕入れ~企画~交渉~手続き~分譲地完成~販売販促計画までの仕事をやっていました。

その中で、宅地造成業者としての秋山工務店さんとお付き合いがあったのですが、数ある業者さんの中でもピカイチでしたね。施工技術や納期はもちろん、設計図面を見て「この図面ではこういう理由で施工できないよ」「こうした方がいいよ」といった専門的な知見に基づいたアドバイスをする能力がずば抜けているのです。

分譲地造成を手がけるとしたら、頼むのは秋山工務店さんしかありえない、というくらいの状態でした。

そして、兄弟のような会社として株式会社AKIYAMAを立ち上げ、土地開発をやっていくと聞き、「それなら自分の築いてきた不動産畑のノウハウや人脈が活かせる」と考えて志願したのです。社長と最初に面談したときに「様々な地主さんや近隣の方々等の役に立ちたい」という話があって、私も一緒に参加、お手伝いして発展できれば、と思いました。

設計から宅地分譲までワンストップで提案

現在の私の業務は、不動産物件の管理、新規物件の役所調査、シミュレーション、買う・買わないの判断といったところがメインになります。

宅地分譲にあたっては、まず区画割りのラフを書いて設計事務所さんに図面を依頼、設計事務所さんが図面を書いて、それをもとに造成業者さんが見積をする、という流れで事業計画ができていきます。計画が通れば実際の造成工事になるわけです。

AKIYAMAの強みは、これらが一貫してでき、さらに各段階に高度なプロフェッショナルが揃っていることでしょう。設計事務所は信頼のできる所を選んでいますし、造成業者である秋山工務店のすごさは前に言った通りです。

私達にご依頼いただければ、区画割りの設計から宅地の分譲ができるまでワンストップで全部ご提案できますよ、いろんな引き出しがあって不動産に関して様々な提案ができますよ、というのがポイントです。

お客様の立場で考えて、答えを導き出す不動産業

不動産業って正直煙たがられるんです。地主さんからすると「うるさいのがまた来たのか」「土地売れってそそのかしにきたな」ってね。

そういう不動産屋にはなりたくないんですよ。常にお客様の立場で考えて、答えを導き出すような、地主さんに寄り添った土地活用で、近隣もさらに繁栄するような、そんな不動産業を目指しています。

分譲計画にしても、羊羹切りに区画を並べるのではなくて綺麗な街並みをつくる、例えば、敷地や道路の幅員にゆとりをもたせたり、遊歩道を設けたり、といった遊び・ゆとりが「いい住み心地」に繋がっていくような提案をしていますし、ゆくゆくは自治体や官公庁と協力して空家・空地問題の対策やまちづくりへの貢献ができればと考えています。

未来の仲間へメッセージ!
先輩社員が求める人材とは?

AKIYAMAに来て本当によかったと思うんです。自分が培ってきたキャリア・実績を活かせるのは大きいですし、社内の雰囲気が自由で、明るくて、元気で非常にいい。残業とか時間もきっちりしているという話は最初にしました。今後は不動産部門にもう1人採用して、育てていきたいですね。

応募を考えている方には「明るいことって大事ですよ」と伝えたいです。 明るいと言っても「面白い」「笑える」ではなくて、何を言われてもくじけないと言うか、くじけてもへこんでも、それを踏み越えていく前向きさのことです。

私も今まで相当失敗してきました。でも、失敗の数だけ経験ができる、失敗しているからこそわかったこと・学んだことがあります。失敗はダメということじゃありません。

営業で様々な会社・事務所を見てきた経験から言うと、会社って「明るい」のが一番です。「暗い」会社は雰囲気も業績もよくありませんでした。
明るくて、意見が言えて、楽しさがある。そういう雰囲気が重要です。そして、AKIYAMAはそういう雰囲気で、のびのび仕事ができる場所です。新しい仲間と「明るく」働けたら幸いです。

プロフィール

出身

茨城県神栖市(旧・波崎町)

経歴

約28年勤めた大手ハウスメーカーでは戸建住宅請負営業、不動産の仕入れ~販売販促計画までの一連の業務、医療・介護建築営業、共同住宅も販売等幅広い業務を経験し、2021年AKIYAMAに入社。

担当業務

不動産取引業の営業として不動産の現地確認・役所調査・事業計画作成・地主様との交渉/売買契約書・重要事項説明の作成

資格

宅地建物取引士/ファイナンシャルプランナー2級

好きな食べ物

カツオの刺身/たたき/納豆キャベツ(居酒屋メニュー)

好きなこと

行きつけの居酒屋で仲間とお酒を呑みながら話をすること。

人生で力を入れてきたこと

人脈づくり。いろいろな人とのつながりがあり、自分を支えてもらっています。

AKIYAMAの社員の魅力

自由で、明るくて、元気なところ。

Contactお問い合わせ

株式会社AKIYAMA
〒310-0903 茨城県水戸市堀町1108-8 2F 
TEL 029-350-2280/FAX 029-350-2800 
【受付時間】月曜〜金曜 9:00〜18:00